離婚弁護士サーチ | 離婚問題に強い弁護士・法律事務所を検索

離婚弁護士サーチ

きっと見つかる。新しい人生への扉。

HOME > お役立ちコラム > 離婚における慰謝料

お役立ちコラム

〈 離婚における慰謝料 〉

離婚における慰謝料

離婚をすることになった場合、もっとも気になるのは慰謝料の金額です。弁護士が離婚の相談を受ける際にも、慰謝料額の見込みに関する質問が大変多いようです。

そこで、離婚における慰謝料について説明をすることにします。

 

1 慰謝料とは何か

そもそも慰謝料とはどのようなものを意味するのでしょうか。

慰謝料とは、ある人(加害者)の行為によって他人(被害者)が精神的な損害を受けた場合に、その損害の賠償として加害者から被害者に支払われるお金のことです。法律的には、不法行為に基づく損害賠償金の一種ということになります。

これを離婚の慰謝料に当てはめると、相手が離婚の原因となる行為(例えば、不倫)をしたことによって、離婚という精神的な苦痛を受けたことに対する損害賠償が離婚の慰謝料だということになります。

日本の法律では、損害の賠償は原則としてお金に換算して賠償することになっていますので、被害者が受けた精神的な苦痛についても、これをお金に換算して賠償することになります。

 

2 慰謝料の金額の計算方法

ただ、精神的な苦痛をお金に換算すると言っても、簡単なことではありません。

普通の損害賠償、例えば自動車事故で車が壊れる損害が出た場合では、その車の修理に掛かる費用が被害者側の損害ということになり、賠償金の金額は修理代金の金額と同じになります。金額を決めることは難しくありません。

しかし、被害者が精神的な損害を受けた場合、例えば自動車事故で怪我をして痛い思いをした場合には、その痛い思いをお金に換算することは困難です。そもそも、同じ痛みでも人によって感ずる苦痛は違うでしょうし、痛みをお金に換算する計算式もありません。

離婚の慰謝料もこれとまったく同じことが言えます。離婚によって受ける精神的な苦痛は人によっても違いますし、結婚していた期間や離婚の原因の中身によっても違うでしょう。また、お金に換算する計算式がないことも同様です。

しかも、先ほど例に挙げた自動車事故の場合には、慰謝料に関してある程度の基準が作られているのに対して、離婚の慰謝料についてはそのような基準はありません。交通事故は、ある程度事故の事情が似通っていることが多いものですが、離婚の場合の事情は百人百様ですので、基準を作ることも難しいのです。

このような事情で、離婚の慰謝料がどれくらいの金額になるのかについて、多くの人が悩んでいるのです。

 

3 慰謝料額の目安

離婚の慰謝料の金額の計算方法がないと言っても、ある程度の目安がないわけではありません。

裁判実務上一般的には、離婚の慰謝料の金額は、100万円前後から300万円程度の間で決められることが多くなっています。これを超える金額の認定を受けるのは、離婚原因が非常に悪質な場合(例えば、強度の暴力など)に限られるでしょう。

なお、よく芸能人などが数千万円の慰謝料で離婚したなどの話が出ることがありますが、これは慰謝料だけでなく財産分与も含んだ金額を指しているものと思われます。財産分与とは、夫婦が協力して気づいた財産を離婚の際に分ける制度のことで、慰謝料とは別のものです。日本では、数千万円の慰謝料というのは普通は考えられない金額です。

 

4 慰謝料額を左右する事情とは

では、どのような事情があると慰謝料の金額は増えたり減ったりするのでしょうか。いくつか考えられる例を挙げてみましょう。

・離婚原因の内容

離婚の原因となった事情が悪質なほど慰謝料の金額は増えます。例えば、離婚原因が暴力、不倫などの場合には慰謝料額は増えることになり、逆に性格の不一致などでは低額になるでしょう。

・婚姻期間

結婚していた期間が長ければ長いほど、離婚による苦痛は増えるのが普通でしょうから、慰謝料額も増えることになります。

・子どもの有無

子どもがある場合ほど離婚の苦痛も増えると言えるでしょうから、慰謝料額も増える可能性があります。

・離婚原因の証明の程度

離婚原因がはっきりと証明できた場合には、そうでない場合に比べて慰謝料額は増える可能性が高くなります。例えば、不倫があったかどうか疑わしいがはっきりしないというケースよりは、明白な証拠によって不倫が証明できたケースの方が慰謝料額は高額になる可能性が高いでしょう。

・不倫が原因の場合

不倫が原因の場合には、不倫の期間や頻度、不倫相手と比べて不倫に積極的だったか否かなども慰謝料額を左右することになるでしょう。

このように、慰謝料の金額はさまざまな事情を考慮して決まることになります。

 

5 まとめ

離婚の慰謝料の金額を見極めるのは、以上のとおり簡単ではありません。法律の専門家である弁護士であっても金額をはっきり予測するのは難しいのですから、一般の方であればなおさらです。

離婚するからには慰謝料はなるべく高額がいいと考える方が多いでしょう。要は、自分に有利な事情を上手く拾って相手に対して主張することです。

経験豊富な弁護士を検索

弁護士を検索