離婚弁護士サーチ | 離婚問題に強い弁護士・法律事務所を検索

離婚弁護士サーチ

きっと見つかる。新しい人生への扉。

HOME > 離婚の基礎知識 > 悪意の遺棄

個人情報の取扱いについて

〈 悪意の遺棄 〉

夫婦がお互いに負う義務として、民法752条に「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」と書かれています。つまり、夫婦は同居、協力、扶助の三つの義務を履行しなくてはならないことになっています。これら三つの義務を正当な理由なく故意に履行しないことを、「悪意の遺棄」といいます。

悪意というのは、通常の法律用語では、ある事実を知っていること、知りつつあることを意味しますが、この場合の悪意は、それに加えて、倫理的な意味を持ち、したがって、夫婦共同生活が維持できなくなるだけでは足りず、相手が困ると分かったうえで夫婦間の義務を果たさないような身勝手な行動をとれば、それは離婚原因になるということです。遺棄とは、夫婦の同居・扶助協力義務に違反する行為をいいます。置き去りにして住居を飛び出す行為はもちろん、相手方を追い出す行為も含まれます。

夫婦の形態はさまざまなので、悪意の遺棄に該当するか否かは個々のケースで判断されることになります。実際の裁判では「社会通念上、倫理的な非難を受けて当然の行為」を悪意の遺棄と認定しておりますたとえば、夫婦喧嘩をして顔を見るのが嫌になったからといって、勝手に家を飛び出して家事を放棄したというのであれば、同居義務違反になる可能性があります。また、同居していても、病気にかかった配偶者を長期間放置したり、家に生活費を入れないようですと、協力義務違反に問われる可能性があります。

離婚の基礎知識一覧に戻る