離婚弁護士サーチ | 離婚問題に強い弁護士・法律事務所を検索

離婚弁護士サーチ

きっと見つかる。新しい人生への扉。

HOME > 離婚の基礎知識 > 家庭内暴力

個人情報の取扱いについて

〈 家庭内暴力 〉

ドメスティックバイオレンス(DV)の略語です。単なる物理的暴力行為だけを指すのではなく、精神的に影響を与える行為など、広義として、相手に嫌悪的影響を与えることを目的として行われる家庭内での加害行為全てを指します。

DVにつきましては、閉鎖的な場所において行われるため、犯罪として公に発覚することが非常に難しいとされており、近年では大きな社会問題となっています。DVにも様々な種類がございます。日常でありがちな対応もDVの対象になるケースもございます。

肉体的暴力

殴る蹴るなどの身体に傷を負わせる行為。物を投げたりも含まれます。

心理的、精神的な暴力

女性に対しての悪口、暴言。欠点を指摘する。辱しめたり、罪悪感を抱かせるような発言をする事。

社会的隔離(孤立させられてしまう)

携帯電話やパソコンなどを持たせてもらえないなど女性の行動を管理したり、外出の制限をしたりして女性を外部や情報などから遮断して社会的に隔離してしまう事もDVになります。

強要、脅迫、威嚇

言動や態度で怯えさせる。「出て行け」「犯すぞ」「別れるぞ」などと脅す。本人が大切にしている物を壊したり、ペットや子供などを虐待する。違法行為を強要するなどがこれにあたります。

性的暴力

性交を強要される、拒むと殴られる。避妊に協力してくれない。などはも的暴力に含まれます。

経済的暴力

夫が家計を管理していて、生活費を渡さない、収入の金額や財産の状況について何も知らせない。などもDVに含まれます。

子供を利用した暴力

子供を利用して女性を攻撃する発言を行うようにしむけたり、子供の前で女性にを非難したり中傷するなど、子供を利用したいやがらせもDVに含まれます。

離婚の基礎知識一覧に戻る