離婚弁護士サーチ | 離婚問題に強い弁護士・法律事務所を検索

離婚弁護士サーチ

きっと見つかる。新しい人生への扉。

HOME > 離婚の基礎知識 > 偽装離婚

個人情報の取扱いについて

〈 偽装離婚 〉

今後も今までと同様に夫婦生活を送るつもりがあるにもかかわらず、離婚届を提出することをいいます。

偽装離婚はよく無効であるといわれますが、「離婚する意思」とは「離婚届を提出する意思」のことをさすと考えられているため、たとえ離婚届提出後も今までと変わらない生活を送る意思を有していたとしても、離婚届を提出する意思さえあれば、その離婚は有効であると考えられています。

生活保護を受けるため、借金を免れるため・・・偽装離婚がなされるさまざまなケースがありますが、一度離婚届を提出した以上、あとから離婚が無効であったと主張することはできません。たとえば、事情があって離婚届を提出し、後に復縁するつもりであったにもかかわらず一方が他人と結婚をしてしまった、あるいは、一方が死亡してしまい相続することができなかったという場合、後になってあのとき提出した離婚届は無効だから今でも婚姻関係が続いているということはできないのです。

離婚の基礎知識一覧に戻る