離婚弁護士サーチ | 離婚問題に強い弁護士・法律事務所を検索

離婚弁護士サーチ

きっと見つかる。新しい人生への扉。

HOME > 離婚の基礎知識 > 共有財産

個人情報の取扱いについて

〈 共有財産 〉

夫婦が婚姻中に協力して築き上げた財産のことをいい、財産分与の対象となる財産のことをいいます。財産分与の対象となる共有財産かどうかについては、財産の名義によって判断するのではなく、婚姻中に協力して築き上げたものかどうかという観点から判断します。共同生活における家具などの生活必需品などが共有財産にあたります。夫婦のどちらの所有か明確でない場合も共有財産にみなされます。マイホームなどの場合は、入手の経緯や、ローン支払いに対する協力などで特有財産とされる場合も共有財産になる場合もあります。例えば、夫婦の婚姻中に不動産を取得した場合には、登記簿上、夫の単独名義になっていたとしても、夫婦の共有財産であり、財産分与の対象となります。その為、妻は不動産について財産分与を受ける権利を有していることになります。但し、婚姻する前から有している財産については、財産分与の対象外となります。また、相続により取得した財産については、夫婦の協力により築き上げたものとはいえないため婚姻中に取得した財産であっても、財産分与の対象となることはありません。

離婚の基礎知識一覧に戻る