離婚弁護士サーチ | 離婚問題に強い弁護士・法律事務所を検索

離婚弁護士サーチ

きっと見つかる。新しい人生への扉。

HOME > 離婚の基礎知識 > 3年以上の生死不明

個人情報の取扱いについて

〈 3年以上の生死不明 〉

3年以上の生死不明は民法で定められた法定離婚原因の一つです。最後の消息から3年が経過した場合、裁判所に申し立てを行い、これが認められた場合に離婚が成立します。ちなみにこの場合の行方不明になった原因や理由は特に不問となります。しかし上記を理由に離婚する場合は裁判離婚しか方法がありませんので地方裁判所に提訴し離婚判決を得る流れとなります。

上記理由で離婚の判決が確定した後に行方不明だった当人が現れても判決が取り消されたり、無効になることはありません。

離婚の基礎知識一覧に戻る