離婚弁護士サーチ | 離婚問題に強い弁護士・法律事務所を検索

離婚弁護士サーチ

きっと見つかる。新しい人生への扉。

HOME > 離婚の基礎知識 > 内縁

個人情報の取扱いについて

〈 内縁 〉

結婚の意思が双方にあり、互いに協力し合い通常の夫婦と同一の生活関係を営んでいるが、婚姻届を出していない状態。(内密の結婚。結婚の意思で男女が同居しているが法律上の届出をしていない男女の関係の事こと。)

意味として「事実婚」と類似していますが、この二つのはっきりとした違いとして、法で決められた婚姻制度を良しとしない、などといった概念をもっているために意図的に婚姻届を提出しない場合を「事実婚」と呼び、明確な理由は特に無く、ただ単純に婚姻届を提出していないだけとされる場合は内縁と呼ばれています。内縁の夫婦は、法律上の夫婦とほぼ同様の権利義務を持ちます。したがって、同居・扶養の義務、婚姻費用の分担が認められ、内縁関係を解消した場合には、財産分与や慰謝料請求も認められます。子どもがいる場合は、認知をしてもらった上で養育費も請求することができます。同棲は一時的な男女の共同生活に過ぎないため、内縁のような権利義務は発生しません。内縁の成立の有無は、同居期間の長さや挙式をしている等の事情から判断されます。

離婚の基礎知識一覧に戻る