離婚弁護士サーチ | 離婚問題に強い弁護士・法律事務所を検索

離婚弁護士サーチ

きっと見つかる。新しい人生への扉。

HOME > 離婚の基礎知識 > 嫡出子

個人情報の取扱いについて

〈 嫡出子 〉

法律上の婚姻関係にある夫婦間に生まれた子を意味しています。さらに、母親・父親が誰なのか明らかになっていることも補足すべき前提となります。嫡出子には「推定される嫡出子」という言葉があります。婚姻成立の日から 200日後または婚姻の解消もしくは取り消しの日から 300日以内に生まれた子は婚姻中に懐胎したものと推定され、さらに妻が婚姻中に懐胎した子は夫の子、すなわちその夫婦の嫡出子と推定される為「推定される嫡出子」として扱われます。なお、この規定を形通り捉えると、仮に婚姻中に妻が浮気をしており、その浮気相手との子供を姙娠してしまった場合も民法の定めにより夫の子とされてしまいます。夫が推定を覆す為には困難と言われる「嫡出否認の訴え」を提起する必要があります。

離婚の基礎知識一覧に戻る