離婚弁護士サーチ | 離婚問題に強い弁護士・法律事務所を検索

離婚弁護士サーチ

きっと見つかる。新しい人生への扉。

HOME > 離婚の基礎知識 > 面接交渉権

個人情報の取扱いについて

〈 面接交渉権 〉

離婚後、子どもを引き取らなかった親が、子どもと面会をしたり、一時的に共に時間を過ごしたりすることが出来る権利のこと。具体的には、面会・短期間の旅行・文通・電話・写真の交換等が挙げられます。親の間で協議しても面接交渉の内容を決めることができない場合には、家庭裁判所で調停や審判の手続、場合によっては訴訟手続を利用することとなります。裁判上、面接交渉の内容は、子どもの意思、子どもの生活環境に与える影響、子どもと同居する親の養育監護に与える影響等に配慮して決められます。また、面接交渉の内容を決めたものの、その後、子どもに悪影響を及ぼす等の事情が発生した場合には、面接交渉の内容を変更したり、面接交渉を取り消す手続をすることも可能です。

離婚の基礎知識一覧に戻る