離婚弁護士サーチ | 離婚問題に強い弁護士・法律事務所を検索

離婚弁護士サーチ

きっと見つかる。新しい人生への扉。

HOME > 離婚の基礎知識 > 寄与度

個人情報の取扱いについて

〈 寄与度 〉

夫婦それぞれが婚姻中に築き上げた共有財産についてどれくらい寄与したかを表すものです。財産分与の際には、夫婦の寄与度によって財産を分配することになります。

夫婦が共働きであった場合には、収入に関わらず、「夫1/2・妻1/2」となります。

ただし、極端の収入の格差(例:夫が1000万円超の正社員、妻100万円以下のパート)があれば、適切な割合が決められます。

一方が専業主婦(主夫)であった場合、通常、家事に専念する主婦(主夫)には、3分の1程度の寄与度が評価されます。

『家事や育児』も立派な仕事の一部とみなされますから、1/3の寄与度が評価されるのは当然となります。状況によって上記の割合ではない場合があるため、詳細は弁護士までお問い合わせください。

離婚の基礎知識一覧に戻る